原発反対デモに参加しました。

原発反対デモに参加しました。

日本全国、各地で起きている原発反対デモや瓦礫の受け入れ反対デモ。

私もここの所の日本政府の対応には納得がいかない所があり、本当の事が知りたいと思ってデモに参加しようと思いました。

電力が足りなくて困る人がいると言うのは分かりますし、いつ来るか分からない地震・災害に対して、もしかしたら来ないかもしれないと言う安易な気持ちや、地震・災害が起こるまで待っていられないと言う気持ちも分からなくはありません。

特に企業や商売をしている人たちは死活問題もありますし、電力会社の死活問題もあると思います。

それでも、確立としてかなり高い確率で地震が起きると言う事が分かっているならば、それまでは日本国民が一丸となって節電に取り組み、電気について国も国民も協力しながら原発を稼働させないでいいように、万が一の時に問題が起きないように、予防していくべきではないかと思うのです。

日本人は馬鹿ではありませんし、傲慢でもありません。

きちんとした説明があり、ちゃんとした理由と根拠と安全へのメリットが分かれば、理解できれば、協力してくれない人はいないと思うのです。

だから、もうちょっとやり方をしっかりしようよと言いたいのです。

しかしデモに参加してみると参加者は気持ちや怒りがヒートアップしてしまっていて、各自やりたい放題で…

50メートルも離れていない道路で、一つのグループは座り込み掛け声でデモを行い、一つのグループは拡声器で演説を行って抵抗しており、さらにもう一つのグループはギターを片手に音楽を鳴らし太鼓を叩きながら歌で抵抗しています。

それぞれ言っている事も一理あるのですが、全てが同時進行なので三つのグループの音が重なり合って何を言っているのかが分からない状態ですし、まとまりが無く皆同じ思いでここに来ているのにデモ自体がバラバラで…

ここにいる事が恥ずかしく思えて来ました。

デモも考え物だと思いました。

カラコン通販研究所

米粉バンズを食べてみたい

今、食べてみたいと思っているご当地バーガーがたくさんあります。その土地ならではのハンバーガーで、地元をアピールするところも多いんですね。ご当地バーガーというと、一般的なハンバーガーよりも値段が高いイメージがあったけど、そうとも限らないみたいです。使われている素材によっては、ビックリするほど高いものもありますが(^^;

ご当地バーガーの中でも特にリーズナブルだと感じたのは、黒はんぺんバーガーです。1個たったの150円♪バンズに挟まれた具は黒はんぺんのカツ・チーズ・レタス・キャベツで、ソースとマヨで味つけされているようです。黒はんぺんカツは海苔で巻かれているというのも、さりげなく嬉しかったり(^^ゞ

黒はんぺんバーガーを食べられるのは、焼津駅の改札横にあるキヨスクです。そこではまぐろメンチバーガーも売られているのですが、こちらも180円とお安いですよ♪

魚のすり身も好きな私は、愛媛のじゃこかつバーガーにも注目しています。こちらも300円とお手頃価格です。新鮮な小魚をすり身にして野菜を加え、カツのように揚げたものがバンズに挟まれているんですって。魚のすり身も好きだけど、米粉も好き!じゃこかつバーガーのバンズは、米粉で作られているというのも嬉しいです(^^)

福井県の三國バーガーには、米パンが使われているみたいですよ。米パンに挟まれているのは、牛肉と豚肉の挽肉パテ。つなぎは一切使っていないんですって。

珍しいことにラッキョウもサンドされているようです。私は知らなかったのですが、ラッキョウの全国生産の9割を占めるのが福井県なんですね。さらに特製ソースやマヨネーズにもこだわりがあるみたいです。福井県のこだわりが詰まった三國バーガーはワンコイン・500円です。